小児がん支援のレモネードスタンドを最初にはじめたのは、アメリカのアレックスちゃんという女の子です。

 

 

みんなのレモネードの会とは

小児がんサバイバーの男の子とその家族が「小児がんのことをもっと知ってほしい」「患児や患児家族で繋がりたい」と2016年12月に立ち上げた会です。

そのために、たくさんの方と繋がりながら、小児がんについて広く知ってもらう活動やレモネードスタンド(小児がん支援チャリティー)、患児やその家族の交流会などを開催しています。

会のFBページTwitterを「いいね!」やフォローしてくださったり、心の中で「いいね!」やフォローしてくだされば、皆さまそれぞれが「みんなのレモネードの会」の会員です。

レモネードスタンドやその他イベントののボランティアスタッフとなって頂いたり、来場して頂いたり、SNS投稿やイベントを広めて頂いたり、心の中で応援して頂いたり……など、それぞれの形で無理なく、ご協力頂けると嬉しいです。

イベントやお知らせなどは、当サイトや会のSNSにて随時お知せする予定です。

小児がんについて

日本では年間約2000人の子どもたちが、新たに小児がんと診断されています。種類によっては7~8割が治療を終えられますが、一方で子どもの病死原因の第一位であり、年間約500人の命が失われています。

子どものがんは、希少で生活習慣に起因するものではありません。長期の療養を必要となり、学校や家族など生活面に様々な影響があります。治療を終えた後も、心身に課題を抱え、自立や就労に困難を伴う場合があります。(がんの子どもを守る会冊子より)