紙芝居『ぼくはレモネードやさん』


当会会長が制作した自作の紙芝居『ぼくはレモネードやさん』です。今までの活動で自己紹介してきた文章をまとめて、絵をつけて紙芝居にしました。

 

小児がんを伝えるために、自分や仲間の思いも綴りました。様々なイベントで、無理なく、できる範囲で、読む活動を始めました。

 

紙芝居は手作りなので、販売はしていませんが、冊子絵本を作成販売予定です。

 

 

絵本『しろさんのレモネードやさん』(吉備人出版)


闘病シーンやあとがきはその経験を患児や家族が文章にしました。
闘病シーンやあとがきはその経験を患児や家族が文章にしました。

多くの方に小児がんやその支援であるレモネードスタンドについて知ってもらうため、小児がん支援のために、多くの方のご支援・協力のもとに、作られた本です。

 

絵本の中に出てくるレモネード遊園地内のアトラクションの多くは、30名以上の患児家族や患児が、経験の中から「こんな遊園地あったらいいな」「便利だな」というアイディアを出してくださり、絵に起こしていったのものです。

 

絵本のあとがきには、当会が寄稿した「レモネードスタンドの開き方」も掲載してあります。

 


※当会「みんなのレモネードの会」と絵本を企画・制作した「しろさんのレモネードやさん制作委員会」は別団体です。その運営や活動方針、イベントなどは当会とは関係はありません。

 

※絵本の購入は、お近くの書店やネット書店でお取り寄せいただくか(書店は販売している場合もあります)、版元の吉備人出版より購入頂くこともできます。当会にご連絡頂いても、送付できます。